札幌芸術の森美術館
Sapporo Art Museum
TOP> 野外美術館

札幌芸術の森野外美術館
異・空間
写真の作品は《異・空間》(内田晴之)、左側の林と石は《北斗まんだら》(環境造形Q)の一部

 190万都市・札幌の郊外に位置する広大な文化複合施設、札幌芸術の森。その中で7.5ヘクタールもの敷地を有する人気施設が、野外美術館です。国内外の彫刻家が実際にこの地を訪れて構想を練り、作品を制作・設置しました。作品数は74点(※現在、板津邦夫《北の柱頭》は修復の必要があるためご覧いただけません)。1986年の開館以来ずっと、彫刻たちも、周囲の木々とともに芸術の森の自然の中で過ごしてきました。

 ここは、いわば「彫刻庭園」。「美術館」というと彫刻を鑑賞に行くところと考えがちですが、「彫刻のある庭園」として視点を変えて見ると、さまざまな楽しみ方のできる空間であることに気がつきます。
 「芸術の森」は、名前の通り自然のあふれる森です。流れる雲、緑の芝生、サンショウウオがひそむ小川、オタマジャクシが泳ぎカモが憩う池・・・ここには、キタキツネやリスも隠れ棲んでいます。

 野外美術館を楽しむ秘訣は、まずこの豊かな自然のなかで自分自身を日常から解き放ち、森に溶け込んでしまうことです。ピクニックやデート、気軽に散歩、あるいは昼寝、彫刻と楽しみかたは訪れるみなさんの自由です。自分流に気ままに、この広大な青空空間に身を置いてみませんか?

 じつは、彫刻たちもこの自然を楽しんでいます。建物のなかにある作品と違って、温度も湿度も天気まかせ、照明はお日さま、ここには壁も天井もありません。風に吹かれて動くものもあれば、鳥につつかれて迷惑顔をしている作品もあります。冬はすっぽり雪の中に。彫刻たちは、時間や自然とともに生きているのです。

 野外美術館には、自然と芸術をいっぺんに楽しめるこんな贅沢な空間が広がっています。

開館・休館

開館/4月29日〜11月3日(期間中無休)2014年は4月26日(土)よりオープンいたします。
休館/11月4日〜翌4月28日 ※佐藤忠良記念子どもアトリエは開館しています。
※毎年冬期(1月中旬〜3月中旬)は無料開放し、「かんじきウォーク」を実施しています。期間中は、かんじきをはいて雪の中の野外彫刻をご鑑賞いただけます。
詳しくはこちら
開館時間/9:45〜17:00(6月1日〜8月31日は17:30まで)
※入館は閉館時刻の30分前まで。

佐藤忠良記念子どもアトリエのページへ

料金

大人
中学生以下
65歳以上の方
※敬老手帳等を
ご提示ください。
学校での
教育目的利用
(高校生)
700円
(630円)
無料
560円
(500円)
500円
  





※( )内は高校生以上の方が20名以上の場合の団体料金

ボランティアによる作品解説

野外美術館に展示されている彫刻作品の解説サービスを行っていま す。
豊かな自然のなか、解説ボランティアとともに、彫刻散策をしてみませんか。
所要時間、観覧コースなどお客さまのご要望に沿って対応いたします。

【午前の部】:午前10時〜午後12時30分 (土・日・祝のみ)
【午後の部】:午後1時〜午後3時30分


解説ご希望の方は、野外美術館入口の券売窓口にてお申し込みください。
受付は、午前の部・午後の部とも、終了の30分前までです。
団体の申し込みの場合、一ヵ月前くらいまでにお電話にてお申し込みください。
なお、ご予約の場合は平日午前中の解説も承ります。
札幌芸術の森センター:011-592-5111


上記の随時受付のほかに、定時解説を行っています。
定時解説:午前10時〜(土・日・祝のみ) / 午後1時〜

連絡先

「札幌芸術の森美術館」
〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75
電話:(011)591-0090 FAX:(011)591-0099


冬の野外美術館−「かんじきウォーク」
 
野外美術館は冬期間無料開放し、毎年「かんじきウォーク」を実施しています。昔懐かしいかんじきを履いて、冬の野外美術館の散策を自由にお楽しみください。
  深い雪に包まれた彫刻作品は、夏とはひと味違った表情を見せてくれますし、雪化粧の森の樹々も格別の美しさです。かんじきで歩くと、体もすぐにぽかぽか温まります。ご家族やお友達と、ぜひ冬の芸術の森を満喫してください。

■無料開放期間/毎年1月中旬〜3月中旬 ※月曜休
        ※2013年は1月4日(土)〜3月中旬までを予定
■ご利用時間/午前9時45分〜午後3時30分
■料金/無料

※札幌芸術の森センターでかんじきと長靴(22.5cm以上)を無料で貸し出しています。貸出簿に必要事項をご記入ください。
※歩くスキー、ストック、スノーシュー等のご使用はご遠慮願います。
※冬期の作品保護のため一部見られない作品もありますので、ご了承願います。
※お問い合わせは札幌芸術の森センターまで(電話:011-592-5111)



TOP